新年スタート 正月街宣





毎年恒例の正月街宣。

西村ちなみ衆議院議員と仲間の地方議員と共に市内各区を回り街頭から新年の挨拶をさせて頂きました。国政・県政・市政と現在置かれている諸課題に対して連携して取り組んで参ります。

皆さまは新年の年明けをどの様にお迎えになったでしょうか。

いつもとは違った年越しをされた方も多いのではないでしょうか。

新型ウィルスの感染拡大の影響は私たちの生活にさまざまな変化をもたらしました。

移動の自粛により、皆さまの中にも長らく帰省をすることのできないご家族がいらっしゃったり、様々な制限から人と会うことや、話をすることも控え、新しい生活様式を取り入れた日常生活に戸惑うことも多かったと思います。




市議会では、感染拡大防止に努めながら市民生活や地域経済の回復に向けての議論が続けられてきました。長引く感染症拡大の影響が社会・経済へ大きく影響をあたえ、新潟市では令和3年度予算編成の方針が示されましたが、市税などの収入の大幅な減少が確実であることから、非常に厳しい財政環境にあります。この状況に対応していくため、更なる事業の見直しや、感染症の影響により費用対効果が減少する事業は一旦休止にするなど再検討が行われています。

しかしながら、暮らしに直結するものについては、極力影響がでないよう十分な配慮が必要となることから、慎重に予算審査を行って参ります。