5月臨時会を終えて

5/19~23まで令和4年度5月臨時会が開催され、一般会計予算を約33億円増額補正し、総額3,958億円他、各会計予算が賛成多数で可決されました。また、各常任委員会の委員の選任が行われ、私は、今期は市民厚生常任委員会の副委員長へ就任いたしました。引き続き皆さまのご意見を市政へ反映させるため努めて参ります。





予算の主な内容としては、国の経済対策による


◎子育て世帯生活支援特別給付金 約7億円 

物価高騰等に直面する低所得の子育て世帯に対し、児童1人あたり5万円支給


◎住民税非課税世帯に対する給付金 約15億円 

家計が急変し、需給資格がありながら未申請の世帯1世帯あたり10万円給付

◎マイナンバーカード普及促進 約4億円 

市内の大型商業施設等を会場として、開催頻度の拡充

◎スクール・サポート・スタッフ配置事業 約4,800万円

学校での感染防止体制の維持、教職員の負担抑制。学校事務支援員の未配置の学校へ配置

◎バンケット利用促進 4,000万円

市内ホテル・旅館等のバンケットを利用してミーティングを開催する場合、会場費及びスクリーン、プロジェクター等の一部補助。 補助率1/2(限度額10万)


◎新事業展開サポート 1億5,300万円

感染症の影響により、経営改善が必要な市内中小企業の取り組みを後押しする。

補助率1/2(上限500万)

所属している、文教経済常任委員会で発言いたしました、意見要望については以下の通り

教育委員会 学校人事課

スクール・サポート・スタッフ配置事業について

感染症の対応が長期化していていることから、現場のマンパワー不足は教員の更なる多忙化の要因となるため、現場の要望を丁寧に聞き取り、夏休み明け以降の引き続きの配置も検討されることを望みます。

観光・国際交流部 観光推進課

新潟市バンケット利用促進事業補助金について

事業の実施を評価し、広くこの制度の利用へつながるよう各地域の商工団体や業界団体に情報を届け、周知に取り組む事を望みます。